ビジョン・志

STVの志は、

1.スマートデバイスによるイノベーションを起こすこと

2.日本の良き経営文化を継承した国際企業になること

3.全世界の志のあるエンジニア志望者(未経験者)をトップエンジニアに育成すること

上記の3つです。

「スマートデバイスによるイノベーションを起こすこと」

IT企業の使命は、テクノロジーによりイノベーションを起こし、
世の中をより良い世の中にしていくことです。
私たちSTVは、スマートデバイスの分野において、それを実現していきます。
スマートフォンのアプリは様々な利便性を世の中に提供しており、
今後はVRやAIなどの最先端技術とも組み合わさり、
さらに世の中に新しい価値を創造していくでしょう。
一緒に、人類の未来を作っていきませんか?


「日本の良き経営文化を継承した国際企業になること」

日本に来られる海外の方と話をすると、
多くの方は日本のアニメに代表されるチームワークや友情、
仲間を大切にする日本文化に憧れを持っています。
欧米の企業とは全く異なる、日本文化や日本的経営を継承し、
世界を舞台に活躍する国際企業へと躍進していきたいと考えています。
会社とは、みんなで力を合わせて、大きな「志」を成し遂げるための器であるべきではないでしょうか?


「全世界の志のあるエンジニア志望者(未経験者)をトップエンジニアに育成すること」

今、日本のIT業界は、人手不足が深刻化しています。
未経験でも情熱を持ってIT業界にチャレンジする若い人に道を開きたい、
その想いからIT未経験者を教育、育成することを、7年間経験してきました。
そして、今では世界の方々に、エンジニア教育、育成をしています。
テクニカルスキルだけでなく、ヒューマンスキルについても多くの時間を割き、
人として、そしてエンジニアとして成長してほしいと考えております。

では、私たちの会社に入社すると、みなさまにはどんなキャリアパスが描けるのでしょうか?

5年後のSTVには、どんなキャリアがあるのでしょうか?
会社は人と同じで成長します。

◾️世の中には、今「この業務をやりたい」と面接で話す方、たくさんいます。
◾️今、この業務に人が足りていないから、採用するという企業も多いです。

これって、皆さんどう思いますか? 「未来」という時間軸が抜けていませんか?

そこで、STV未来図を書きました。 5年後をイメージしています。



どんなキャリアが見えますか?
・各部門にはそれぞれマネージャーが必要となります。
「アプリ受託開発」、「エンジニア教育」、「自社サービス開発」、「最先端技術研究」、
「IT戦略コンサルティング」、「マーケティング&セールス」、「人事採用」
(財務・経理・労務はアウトソーシングしています)

◾️「アプリ受託開発」
・SEであれば、オフショア開発は増えていきますので、
アジア諸国との架け橋になって、活躍するメンバーも面白そうではないでしょうか?
国内PGは、スペシャリストとしての活躍の場が期待されます!

◾️「エンジニア教育」
・創業より未経験者をトップエンジニアへと培った教育ノウハウを、
さらにブラッシュアップして、全世界の未経験の方々に、
「エンジニア教育をしたい!」と思う方、ご参加ください。

◾️「自社サービス開発」
・新しいサービスを立ち上げたい方は、
自社サービス開発部門を現在、立ち上げ中です。

◾️「最先端技術研究」
・最先端技術を探求するには、シリコンバレーに拠点を置きますので、ワクワクしませんか?

◾️「IT戦略コンサルティング」
・クライアントの経営層と一緒にIT戦略を構築していくコンサルティングも、
現在は担当役員が行なっていますが、とても面白い仕事です!

◾️「マーケティング&セールス」
・クライアントのニーズって何だろう?
どんなアプリが必要なのだろう、
VRを使ってどんな課題を解決できるのだろうか?
クライアントと一緒に議論し、アプリ開発の仕事を頂ける!
とてもやりがいのある仕事です!

◾️「人事採用」
・STVの未来をつくる人財を、採用する、
果たしてこれからどんな人と出会い、
その人と一緒にどんな未来がつくれるのか?
会社の未来をつくる仕事です。

STVの未来図は、3つの「志」が、業務になった時の図です。

1.スマートデバイスによるイノベーションを起こすこと

2.日本の良き経営文化を継承した国際企業になること

3.全世界の志のあるエンジニア志望者(未経験者)をトップエンジニアに育成すること

このSTVの「志」を持ち、私たちの経営理念を大切にして、
一緒に、STV未来図を埋めていける仲間になってほしいです!!

一人では、この未来図は埋まりません。
仲間と力を合わせて、埋めていきませんか?
それができた時、どんな「あなた自身」が見えるのでしょうか?